首のシワの原因と対策法を徹底紹介!

首のシワの原因は?

ネックエステミスト

 

顔のシワや目元のシワはメイクで隠すことができますが、「首のシワ」はメイクで隠すことが難しいので、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

顔のシワをばっちり隠せても首のシワが目立っては、年齢がバレてしまいますからね。

 

そこでここでは、首のシワの原因と、対策法を紹介していきたいと思います。

 

コラーゲンの減少

 

年齢を重ねるごとに、お肌のコラーゲンは減少していきます。

 

ネックエステミスト

 

これはあなただけのことではなく、女優さんだって同じなので安心してください。

 

そしてこのコラーゲンの減少の最大の原因は、新陳代謝の低下です。

 

新陳代謝が活発なお肌はターンオーバーも正常なので、新しいコラーゲンが次々につくられ、古くなったコラーゲンは分解されます。

 

しかし、加齢によりこの新陳代謝が低下するとターンオーバーが乱れるので、新しいコラーゲンの生産減少し、なおかつ古いコラーゲンが分解されずに肌に留まってしまうのです

 

その結果、シワやたるみが現れるんですね。

 

ネックエステミスト

 

さらに新しいコラーゲンが生み出さられなければ、古いコラーゲンが頑張らなくてはなりません。

 

コラーゲンは水分を抱え込む役割がありますが、古くなると水分を抱え込む力がなくなるばかりか、コラーゲンに含まれている水分までなくなってしまいます

 

そうすると、ハリや弾力がない肌になるのです。

 

肌の乾燥

ネックエステミスト

 

実は首の皮膚と言うのは体の中でも薄く、皮脂腺も少ないために一年中乾燥傾向にあります

 

しかし、汗をかいたりすると首に汗が溜まりやすく、汗が乾燥するときに肌の水分も一緒に奪ってしまうので、余計に肌の乾燥が進んでしまいます。

 

乾燥により首の水分が減ることで皮膚がしぼんでしまい細かいシワが出来てしまうのです。

 

分かりやすい例えで言えば、空気がたくさん入っている風船はゴムが張っていますが、空気がなくなるとしぼんでシワが出ますよね?

 

これが首元でも起こっているのです。

 

さらに、顔にしっかり日焼け止めを塗る方は多いと思いますが、首にもしっかりと日焼け止めを塗って紫外線のダメージから守るようにしましょう

 

姿勢が悪い

 

仕事柄1日中パソコンを使う仕事や、スマホをかまっていると首が下向きになりますよね?

 

この姿勢が長時間続くと、首にシワの形が記憶されてしまい深いシワとなってしまいます

 

若い人ならコラーゲンや水分がたっぷりと肌に含まれているので、姿勢を良くすれば元に戻りますが、年齢とともに水分やコラーゲンが減った肌では、元に戻りづらくその結果シワになってしまうのです。

 

日頃から首にシワができないような姿勢を心掛けると共に、保湿をしっかりと行い肌の水分量を高めるケアをしましょう。

 

首のシワ対策と化粧品選び

 

ではここからは、首のシワに効果的な対策法と、基礎化粧品選びを紹介していきます。

 

首をマッサージしてシワを改善

ネックエステミスト

 

首のマッサージをする際は左側は右手で、右側は左手で行います。

 

親指以外のすべての指を使って首筋に小さな円を描くようにマッサージしながら、鎖骨の下までおろし、今度は鎖骨の下側に沿って円を描きながら方までマッサージします。

 

効果的なマッサージの時間帯は血行がよい入浴後や、スキンケアをした後に行うのが良いですよ

 

また、マッサージする際はクリームをつけて力を入れずにやさしくマッサージしてください。

 

間違っても力を入れてマッサージすると、皮膚に刺激を与えて逆にシワの原因になってしまいます。

 

基礎化粧品の選び方

 

顔と首は同じ皮膚なのでケアも顔専用で良い様に思いますが、実は顔と首は肌質が違うので、首専用の商品を使うことがおすすめです

 

 

でも、ドラッグストアや薬局に首専用のケア商品って売っていないですよね?

 

そんな時は、コエンザイムQ10やプラセンタなどの成分が配合されたものを選びましょう。

 

肌の働きを高めて内側からハリをサポートしてくれますよ。

 

ケアする際のポイントは、胸元から顎にかけてすり挙げるように丁寧に塗ると、肌がふっくらとしてシワができにくくなりますよ。

 

首のシワ対策とスキンケア方法は?

 

日頃の生活を少し見直すだけで、首のシワは予防することが可能。

 

ここからは日頃の生活の中で気をつけたいポイントを紹介します。

 

枕の高さを見直す

ネックエステミスト

 

人生の1/3は寝ています。寝る時にほとんどの方が枕を使うと思いますが、自分に合った枕を使わないと首にシワができる原因になります。

 

特に高い枕が好きな方は首にシワができしてまい、そのシワが記憶され元に戻らなくなるんです。

 

だからと言って、低い枕が良いわけでもありません。

 

低すぎる枕は血液が脳に溜まってしまい眠りが浅くなります。

 

眠りが浅いと言うことは疲れが取れません。疲れが取れないと肌にも良くないんです。

 

理想の枕の高さは立っている時と同じように背中・首・頭の位置が真っ直ぐの状態がベスト

 

個人差はありますが、一般的には3〜5cmの高さが丁度良いと言われています。

 

しっかりと保湿をしよう

 

前述しましたが、「顔のケアは一生懸命にしているのに首のケアは全然」という方が多いと思います。

 

首も顔同様に乾燥しやすい上に、シワができる原因がたくさんあるので入念なケアが必要です。

 

本当は首専用のケア商品を使うことがベストですが、顔専用やハンドクリームでも構わないのでしっかりと保湿をするようにしましょう。

 

こまめに保湿をすることで、うるおいやハリが保たれるのでその結果、シワができにくい首元になることができますよ。

 

page top